まだ間に合う!リップル初心者がおさえておきたい基本10ヵ条!

仮想通貨リップル(XRP)についてどこまで知ってる?

最近のリップルの活躍は他のコインを寄せ付けない勢いがありますね。仮想通貨歴が長い人でリップルを持っていない人は珍しいかと思いますが、始めたばかりの方やこれから始めてみたい人が安易にリップルに手を出すことは少し危険です。なぜリップルが良いのか、どんなメリット・リスクがあるのかをしっかりとおさえた上で購入しないと痛い目に合うことでしょう。ということで、リップル初心者が知っておきたいことをまとめてみました。
出典:10 Things You Need to Know About XRP
※この記事は出典元を意訳・加筆・抜粋してあります。



1. XRPは金融機関・決済プロバイダ向けに特別に設計された唯一のコイン

仮想通貨の有名所であるビットコインやイーサリアムなど多くのコインは、実は明確な目的がありません。しいて挙げるとするならば、コインの保有自体が価値を持つ、コインでモノやコトを購入する等がありますが、コイン自体が1つのアプリケーションとして機能することはないのです。わかりやすく言い換えるなら、ビットコインを持っていてもビットコインを取引する場所・システム・人などがいないとビットコインには価値がない、ということです。それらの仮想通貨とは対照的に、リップル(XRP)は銀行向けの送金システム、そこで使用する通貨という明確な目的があるため、はっきりとしたユースケースを持つ数少ない仮想通貨として注目されているのです。

2. XRPは非常に高速かつ拡張性が高い

XRPは非常に高速かつ拡張性の高いコインです。5年間に渡り積み上げた技術と運営の実績は、多くの機関投資家や企業に信頼されています。実際、多くの大手銀行がリップルを採用していることがその証拠でしょう。セキュリティ性も高く、創業以来すべての会計元帳は問題なく管理されています。さらにXRP元帳は、毎秒1,500トランザクション(24×7)を処理し、Visaと同じスループットを処理できるように拡張できます。これからの観点から、他のコインと比べても「支払い能力が高いコイン」と言えるでしょう。

3. リップルは世界の通貨の橋渡し役

ビットコインのような仮想通貨は、政府が発行する既存通貨を置き換えとして価値の確立を目指しています。つまり、日本円やドルの代わりにビットコインを使いましょう!と啓蒙しているのです。それに対しXRPは、国境を越えて迅速かつ効率的に通貨を転送する認定通貨であり、リップルはそのデジタルエクスチェンジシステムの確立を目指しています。たとえば、とあるアメリカ企業が日本企業にお金を支払おうとした時、日本で口座を事前に設定するか、銀行のような外国為替のプロバイダーを経由する必要があります。しかしこの方法では手数料が高価でかなりの時間を要します。実際、この国際送金システムは長年変わっていないんです。そこでXRPを使用した場合、同社のアメリカ銀行や地方の支払いプロバイダーは即時にオンデマンドで支払いを行うことができます。XRPは前払い金や外国為替手数料なしで、より迅速で安価な決済を実現できます。



4. XRPを使えば迅速かつ安価で信頼性の高い国際送金が可能

リップルは銀行や決済機関が国際送金をするために提供される、流動性が高く信頼できるオンデマンド・ソースです。従来の国際送金は、高い手数料を伴う銀行を通じて、ある国から別の国に送金するのに約3〜5日かかります。しかも支払いが遅延することもあれば、最悪の場合物理的に支払いできない、ということもあります。もしくは受取国の決済口座に事前に資金を提供することで支払いを行っています。XRPはこれらの欠点をすべて解決する役割を持ち、わずか4分の1の平均決済時間を要します。XRPを使ったリアルタイムで流動性の高いシステムにより、金融機関が外国為替手数料を支払うことなく、または決済口座に事前に資金提供することなく、新市場への拡大・為替費用の削減・顧客への支払い決済の迅速化が可能なのです。

5. リップルは迅速な国際送金のためのネットワークソリューション

リップルは、従来の国際送金に関わる問題を解決し、情報を交換するのと同じくらい効率的にお金を移動させる価値のあるインターネットを作り出すことに全力を尽くしています。リップル社のソリューションでは、支払いの共通基準を作成しXRPをデジタル通貨として使用することで、現在連携していない会計元帳とブロックチェーンをまとめています。

6. リップルはビットコインよりも高速なスケーラビリティを持つ

ビットコインは、1秒間に最大7つのトランザクションを処理できますが、いずれも2時間以上かかることがあります。Visaのような従来の決済サービスは毎秒平均2,000トランザクションであるため、それと比較するとビットコインは顧客の要求を満たすスケーラビリティを持たないことがわかります。言うなればビットコインのようなブロックチェーンを用いた仮想通貨はスピードと拡張性が物足りないのに対し、リップルは先にも述べたように非常に高速な処理が可能で、拡張性の高いシステムなのです。

7. セキュリティも安心

XRPの取引が発生する度に会計元帳に記録されます。この会計元帳は、オープンソースのコードベースで開発されており、信頼できる検証ツールと、元帳を積極的に開発および維持するエンジニアチームによってサポートされています。リップルが始まって以来、XRP元帳は分散化を行うことで障害に対してより弾力性と耐性を持たせました。これにより今もなお、強固なセキュリティ性を保っています。



8. XRPはビットコインのようなマイニングベースの仮想通貨よりも持続可能

ビットコインはマイニングと呼ばれる行為で生み出されますが、マイニングには複雑な処理が可能な巨大なデータセンターが必要なため、1つのコインを生み出すだけで膨大な電力を消費しています。XRPはマイニングを行わないため、現在流通するコインは作成済みで、発行元のリップルが最も所有しています。そのため、企業や個人がこぞってマイニングする必要はありません。

9. XRPは未来の通貨

リップルが覇権を握るのは時間の問題かもしれません。近い将来、銀行やその他の金融機関は日々の業務で仮想通貨を使用し始めることでしょう。XRPは、金融機関が迅速かつ安価かつ簡単に国際送金することを可能にするため、他の仮想通貨よりアドバンテージが高いのです。

10. XRPは簡単に購入できる

XRPを購入できる国内取引場はやや限定されますが、購入自体は簡単です。日本円を入金してXRPを買うだけです。クレジットカード決済もできるので、元手がない人でも簡単に始められますね。私がおすすめする取引所は、断然コインチェックです。理由としては、チャートが見やすい、サーバーも他の販売所に比べると軽い、アプリに二段階認証機能がついていてセキュリティ面も安心。といった感じです。また、チャット機能があるのでリアルタイムで色んな人が一喜一憂したり、時には阿鼻叫喚(笑)している様子を見ることができて非常に楽しいです。
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

この記事を読んだ人は他にもこんな記事を読んでいます!

Poloniexの解約方法(わかりにくいし結構めんどくさい)

どうも、あつむっちです。一時期のバブルが過ぎ、すっかり下火となってしまった仮想通 [続きを読む]

コメントなし

RippleのCEOが語る「なぜデジタル通貨が銀行業を変えるのか」

リップルCEOのブラッド・ガーリングハウスは、ブロック・チェーン・テクノロジーを [続きを読む]

コメントなし

まだ間に合う!リップル初心者がおさえておきたい基本10ヵ条!

最近のリップルの活躍は他のコインを寄せ付けない勢いがありますね。仮想通貨歴が長い [続きを読む]

コメントなし

仮想通貨をクレジットカードで買う奴wwwwwwwwwwwwwwww

最近クレジットカードで仮想通貨を購入できる販売所が増えてきましたね。現金がなくて [続きを読む]

コメントなし
あつむっち
About あつむっち 102 Articles
ゲーム、音楽、映像、CGなどなど。僕の好きなことを気ままなペースでまとめていきます。