『王様達のヴァイキング』みんなの感想・評価・レビュー(※ネタバレあり)

天才ハッカーとカリスマ投資家の起業漫画!

最近話題を集めだしてきた漫画『王様達のヴァイキング』。天才ハッカーとカリスマ投資家がひょんなことから出会い、ビジネスを通して成長していくという、現代のネオIT社会を具現化した漫画です。前々から一部の注目は集めていたのですが、最近になってLINEマンガで配信されるなど、一気に注目されてきましたので、みんなの感想や反応をまとめてみました。



◼︎全体的評価・感想

この漫画を読んで起業したくなる人って結構いると思います。特にIT系の仕事をしていてくすぶっている人は悶々しますよね。ホリエモンがIT旋風を起こした後、ネオヒルズ族を呼ばれる新世代が出てきて、といったようにITのパワーは社会を大きく変えてきました。今や多くの人がITに関する基礎知識を持っている中で、才能を開花させ起業することは並外れたパワーがないとできません。この漫画は、その成功体験としてのお手本と必要な覚悟を、読者に伝えてくれる素晴らしい漫画だと思います。

 

◼︎主人公のPCについて

・2005年IBM製のThinkPad X41
・メモリーを2GBまで増設し、OSにUbuntu12.04LTSを入れて使用
・設定でCtrlキーとCapsLockキーを入れ替えてもいる
という情報が書いてありましたが、正直マニアックすぎて何がいいのかよくわかりません(笑)





 

この記事を読んだ人は他にもこんな記事を読んでいます!

投稿が見つかりません。


あつむっち
About あつむっち 102 Articles
ゲーム、音楽、映像、CGなどなど。僕の好きなことを気ままなペースでまとめていきます。